ちょっと洒落たローマ字表記

nightとknight。前者が「夜」で後者が「騎士」。どちらも「ナイト」で発音も同じようだ。knightの意味は「騎士」の他に「勇士・義人」、そして「女性に献身的な人」のことも指すようなので、「騎士たる者、昼は腕力、夜は精力」ってことか・・・お下劣ですみません。

さて、knightのように「kn-」ではじまる英単語はいくつもあるが、いずれも「k」は発音しない。
・knife(ナイフ)
・know(ノウ)
・knee(ニー)
・kneel(ニール)
・knob(ノブ)
・knock(ノック)
・knit(ニット)
・knapsack(ナップサック)
・knowledge(ナレッジ)
などなど。

元々は「クナイフ」「クノウ」と、「k」を発音していたが、言いづらかったので、いつしか「k」を発音しなくなったようだ。

日本人のわたしとしては「ク」が言いづらいとは思えないのだが、「ク」をローマ字にすると「ku」になる。「k」を発音してみろと言われたら、なるほど、どう発音すればいいのだろう。むせるようにして「クッ」と、発すればいいのだろうか。

日本語の母音は「あa、いi、うu、えe、おo」の5個。
子音は「かka、きki、くku、けke、こko」〜「らra、りri、るru、れre、ろro・わwa、をwo」で使われるが必ず母音で終わる。

また、
・拗音:ゃ、ゅ、ょ、ゎ(例:きゃ、きゅ、きょ、くゎ)
・促音:っ(例:エッチ・スケッチ・サンドイッチ)
・撥音:ん(n)
・撥音:唇を閉じた「ん(m)」(例:新聞、新橋、文庫)
があるが、日本語は子音を意識して発音することはまずない。

これに対して英語は「あa」の発音だけでも「ʌ」「ӕ」「ɑː」と3個あり、約15個の母音がある。発音の数も日本語70100個に対して、英語は600個以上あるようだ。

英語は微妙な発音の違いで別物の意味になったり、通じなくなるので、英語圏の人たちでさえ子音だけの発音は言いづらいってことなのだろう。

元アメリカ大統領だったロナルド・レーガン(Ronald Reagan)は、大統領就任頃まで国内の文献や報道では「リーガン」と表記されていた。

ところが、ロン政権時、財務長官にドナルド・リーガン(Donald Regan)が就任すると、このふたりを区別するためにロンは「レーガン」表記になった。

「Reagan」の「Rea-」の発音は日本語の「リri」でも「レre」でもなく、つまるところ、「リーガン」と発しても「レーガン」と発しても、アメリカ人の耳には、訛って聞こえるだろう。

さて、「kn-」とは反対に、日本円は「EN」ではなく「YEN」と、「Y」が付けられて、英語圏の人は「ィエン」と発音している。

「YEN」になった明確な根拠はなく諸説あるが、サッポロビールのウェブサイトにヱビスビールのローマ字表記が「EBISU」ではなく「YEBISU」の理由をこう説明していた。

江戸末期から明治中期にかけて、日本語の外国人向け表示には「エ」を「YE」と表示したものが多くありました。例えば江戸Yedo、円Yenなどです。これは日本語を初めてローマ字表記したポルトガルの宣教師が、当時(16世紀)の日本人の発音を聞いて「YE」と表記したものです。しかし、日本語の「エ」の発音は、その後変化して江戸時代の間に「E」となったのに、外国人は16世紀の日本語表示のまま、「E」とするところを「YE」と書いていました。このため、日本人は最初「エ」は「YE」と書くものだと思ったようです。ヱビスビールも明治23年に発売以来、商標のローマ字は「YEBISU」であり、今日でもこれを踏襲しています。
恵比寿駅のローマ字はEBISUなのに、ヱビスビールはなぜ「YEBISU」と書くの? | よくあるご質問 | サッポロビール
「★乾杯をもっとおいしく。」江戸末期から明治中期にかけて、日本語の外国人向け表示には「エ」を「YE」と表示したものが多くありました。例えば江戸Yedo、円Yenなどです。これは日本語を初めてローマ字表記したポルトガルの宣教師が、当時(16世紀)の日本人の発音を聞いて「YE」と表記したものです。しかし、日本語の「エ」の発...

諸説の中には、「EN」は「IN」に近い発音のため「Y」をつけたというものもあり、確かに幕末から明治時代の書物には「江戸」を「YEDO」と表記したものがある。わたしは「YEBISU」の理由と併せてこの説が有力かなと思った。

「え」と「ゑ」を区別するために「え=E」「ゑ=YE」とした説もあるが、そうすると「円」は「EN」、「江戸」は「EDO」でいいことになり、また「い」と「ゐ」の区別はないので信憑性が薄い。

と、件のことを調べているうちに、遊び心でこんなことを思った。

名前が「な行」ではじまる人は、
「na-、ni-、nu-、ne-、no-」ではなく、
「kna-、kni-、knu-、kne-、kno-」。

「え」ではじまる人は、
「e-」ではなく「ye-」。

そうしたら、ちょっと洒落た感じのローマ字表記になるかなと。そんな風に思うのはわたしだけかな。

タイトルとURLをコピーしました