相撲で遊ぶ

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

 わたしが小1の頃、スポーツは『巨人、大鵬、卵焼き』の通り、野球か相撲だったが、同じクラスに大の相撲好きの友達がいた。普段は寡黙で目立たなかった存在だったが、相撲のことになると水を得た魚のように話し出し、ひらがなばかりの国語の教科書はつっかえつっかえちんたら読むのに、漢字だらけの新聞の相撲記事欄だけはすらすらと流暢に読むのだ。恐らく「これなんていう漢字?」と、父親にでも教わって覚えたのだろう。

 そして、その相撲好きの友達が影響したのかは定かではないが、学校での休み時間は男子生徒のほとんどが相撲で遊んでいたが、ある日、強い順に力士の四股名を付けようということになった。

 当時の力士は大鵬、玉の海、北の富士の三横綱をはじめ、清国、琴桜、大麒麟、前の山の四大関、関脇以下の幕内力士には長谷川、貴ノ花(初代)、輪島、龍虎、三重の海、高見山、栃東、大受、若浪、陸奥嵐、藤の川など個性豊かな力士が揃っていた。

 そして、四股名を決める日の放課後、冒頭の友達の家に集まり、空き地だかで取り組みをやり強い順に大鵬、北の富士、玉の海…と四股名を割り当てられることになったのだが、この日わたしは通っていた柔道の稽古があり参加することができず、翌日登校すると運動神経がよかったわたしを考慮してもらったのか四股名は前の山だった。

 しかし、わたしは玉の海が好きだったので、クラスのリーダー的存在だった友達に四股名を玉の海に変えて欲しいと頼むと、強ければ変えてもいいと言われ、闘争心に火がついたわたしは、取り組みで連戦連勝し、クラスで1、2を争う強さを見せつけ、玉の海に四股名が変わったのを覚えている。因みにやや肥満体型のリーダ的友達は走るのはイマサン速くはなかったが、それを除けばスポーツも勉強もでき、相撲も強かったので四股名は彼が大ファンの大鵬だった。

 学校の休み時間は10分。2時限目から3時限目は休みは20分だったが、リーダー的友達が横綱土俵入りもやろうと言い出し、やってはみたが三横綱分だ、土俵入りだけで休み時間が取られ、肝心の取り組みがほとんどできず、わたしを含め仲間たちからの不評を買い、土俵入りはすぐに廃止となった。


 小2になった年、大鵬が引退した。

 翌日登校すると、リーダー的友達が自分の席で悲しいそうにうつむいて座っていたのを覚えている。しかし、リーダー的友達はそのまま大鵬の四股名のままだったが、わたしが、
「引退した力士の名前をそのままつけているのはおかしい」
 と、言い出すと、まわりの仲間も「そうだそうだ」と同調し、リーダー的友達は四股名を変えるか引退を迫らたのだ。

 これにはリーダー的友達もグーの音も出ず、自分も引退したら相撲が取れなくなるので、
「今日から俺は玉の海だ」
 と、言い出したもんだから、わたしは驚き、
「玉の海は俺だ」
 と、反論したのだが、
「おまえは今日から前の山」
 と、告げられ、頑として一歩も譲らなかったのである。

 わたしは相当ショックを受けた。家に帰ってからもこの窮状を母に話すと、我が子可愛さの母は、リーダー的友達の家に電話をして直接友達と話しをしたのだ。

 「 ●●(リーダー的友達)くんがやっていることはおかしくないかなぁ。もし、●●くんがうちの子の立場だったらどうする?」と、いうような内容だっと記憶するが、リーダー的友達は、「分かりました」と、納得したようで、わたしは元の玉の海の四股名に戻ることができたのだが、子供同士のいざこざに、親が出てくるとは・・・わたしも親まかせだったが、母も過保護の親だった。

 しかし、相手はリーダー的存在の友達だ。明日登校したら、「親に告げ口するのかよ!」と、言われ、ハチにされるのではないかと不安があり、翌朝はいつもより早く登校して教室の外の廊下でリーダー的友達が登校するのを出迎えることにしたのだ。

 そして、今か今かと待っていると、廊下の先にリーダー的友達の姿が現れ、段々と近づいて来ると、わたしは照れくさそうに笑みを浮かべてリーダー的友達を見つめた。すると、リーダー的友達は、ちょっとすまし顔で笑みを浮かべながら手に持っていた木琴のバチで軽くわたしの頭をコンと叩き、教室に入って行き、昨日の母との電話のことは一切話さずそれっきり何もなかったような態度だったのだ。わたしはホッとしてとりあえず一件落着した。

 その後、リーダー的友達は引き続き、大鵬の四股名で相撲と取っていたが、仲間らが相撲に飽きてきた頃の小2の秋、PTAの用事だったと思うが、学校に来ていた母から玉の海が亡くなったことを聞かされた。母の話では、その時のわたしの顔はなんとも言えない哀しい表情をしていたそうだ。

 大鵬は引退するし、玉の海は亡くなるし、リーダ的友達をはじめ、わたしも仲間たちも相撲で遊ぶのも白けてきて、小3に進級するクラス替えを待たずに相撲で遊ぶことはなくなったが、みんなで相撲を取って遊んだことは、今でも楽しかった思い出として残っている。

タイトルとURLをコピーしました