大勝軒 ≒ つけ麺ではない

Image by Kerstin Riemer from Pixabay

 先日、一日一麺…時には一日二麺の友人と飲んだ時のこと。彼は時々、大勝軒のラーメンのことをSNSに投稿しているが、わたしが、
「そこではつけ麺は食べないの?」
 と、聞いたら、
「よく行く大勝軒は東池袋の大勝軒とは違うんだよ」
 と、返された。

 友人の話では、一言に大勝軒と言ってもいくつかの系統に分かれるそうだ。そこで、ネットで調べてみたら、目から鱗が落ちる事実を知ることになったのである。

 ラーメン通でなければ、「大勝軒と言えばつけ麺」「つけ麺と言えば大勝軒」を連想される人が多いと思うが、実は大勝軒は大きく4つに分類される。

 友人が立ち寄る大勝軒は永福町系だったのだ。因みに、東池袋系では「つけ麺」を「もりそば」、代々木上原・中野系では「つけそば」と呼んでいる。

お間違えないよーに
タイトルとURLをコピーしました