PASMOを紛失する

Image by Kerstin Riemer from Pixabay

 一昨日、帰宅途中の最寄駅改札口内でPASMOを紛失したことに気がつく。都内事務所の最寄駅では確かにPASMOで改札口を入ったので、その後紛失したことになる。クールビスのこの時期、PASMOはズボンの右ポケット内のコインポケットに入れているが、同じく右ポケットに入れているスマホを取り出すときに、PASMOをうっかり落としてしまったらしい。気がつかないのだから情けない=3

 紛失したPASMOには、18,000円ほどチャージ残高があったので、即、窓口で紛失したPASMOの利用停止と再発行の手続きをして、新しいPASMOは翌日窓口で受け取った。再発行には、再発行手数料500円と再発行するPASMOのデポジット代500円の計1,000円かかるが、紛失したPASMOが発見され窓口に届けると500円返却される。

 ま、いずれにしてもお金がかかり、紛失したPASMOは出てくることはないと思っていたが、紛失した翌朝、自宅からは遥か遠方の駅から、
「fujisanjin様のPASMOが届いていますので、お電話をください」
 と、留守電にメッセージがあった。

 届いている!? 世知辛い日本、まだまだ捨てたもんじゃないってことか。

 電話をすると、取りに来てくださいと言われた。よって、本日の午前は、自宅最寄駅から都内と正反対のPASMOお預かりの遠方駅へ電車を乗り継いで行き、紛失したPASMOの失効手続きを済まして都内事務所に向かった。ちょっとした旅だ、ふぅ~疲れた。

タイトルとURLをコピーしました