【大相撲】木村家と式守家で軍配の持ち方が違う

上:木村家 下:式守家

今週の日曜日、両国国技館まで大相撲千秋楽観戦に行って来た。席は1階正面の前から2列目のマス席(4名用)で、観戦するには申し分ない席だ。マス席で観戦するようになって、かれこれ10年になる。行けなかった年もあったが、年3回の両国場所千秋楽観戦は今も続いている。

さて、タイトルは相撲の行司家の話。相撲に興味がない人でも木村庄之助、式守伊之助の名前を一度は耳にしたことがあるかな? 江戸時代までは複数の行司家があったようだが、現在は木村家と式守家の二家だけとなった。

木村家と式守家の違いに軍配の持ち方がある。木村家は手のひらを下に向けて軍配を握る(陰の構え)。一方、式守家は手のひらを上に向けて軍配を握る(陽の構え)。行司が「かたや白鵬〜白鵬〜、こなた日馬富士〜日馬富士〜」と、力士の四股名を呼ぶ時の軍配の持ち方で木村家、式守家を識別できる。

また、かつては、軍配の形は木村家は卵型、式守家は瓢箪型と決まっていたが現在は全て卵型になった。(なかには瓢箪型に近い招福軍配を手にする行司もいる)

タイトルとURLをコピーしました