軽自動車なのに白ナンバー!? 今更だけど…

 昨日、ちょっとした用事で友人が車で弊宅に来た。車を買い替えたようで、わたしははじめて見るワンボックスカーだったのだが、図体(ずうたい)が大きかったので普通自動車かなと思っていると、友人から、
「軽だ」
 と、言われた。

 でも、ナンバープレートを見ると白ナンバーだ。軽自動車は黄ナンバー(営業車は除く)じゃないの?

 友人に、
「白ナンバーだよ」
 と、言うと、
「軽自動車も白ナンバーになったよ。タクシー(営業車)も白ナンバーになったよ」
 と、返された。

 ふーんそうなんだぁと思ったのだが、友人が帰った後、タクシーが白ナンバーだったら、白タクと区別ができなくなるじゃんと思い、ネットで調べてみると…

・2019年ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート
・2020年東京オリンピック・パラリンピック記念特別仕様ナンバープレート
※以下、特別仕様と記する

 であることが判明…今更だけど…昨日知った。友人にこのことをLINEで知らせたら、友人から「了解」のメッセージと共に東京オリンピックのロゴがしっかり印刷された自分の車のナンバープレートの写真も送られてきた。

 わたしも妻を乗せて運転しているとき、前方の車を見ながら、
「最近の軽自動車は大きくなったよなぁ」
 と、言ったら、妻から、
「白ナンバーだから軽じゃないよ」
 と、返されたことがあったが、あの車もラグビーかオリンピックのロゴが印刷された特別仕様だったのかな?

 なお、バス、タクシー、トラックなど営業車がナンバープレートを特別仕様にすると白地に緑の縁取りなる。よって、タクシーが特別仕様にしていると白タクに間違えられることがあるようだ。

近畿運輸局によると、白地ナンバーのタクシーを見た人から「(無許可営業の)白タクではないのか」という問い合わせが寄せられることもあるという。

個人タクシー事業者で、白地ナンバーだとプライベートでも使いやすいとして特別仕様にする人がいるという。しかし、最近は「白タクに間違えられて町中で手を上げてもらえない」と、10台ほどが通常の緑色ナンバーに戻したという。
京都新聞「軽の白ナンバー誤通報ない? 事業用では白タク指摘で緑回帰も」より抜粋

 特別仕様ナンバープレートがあることを知らないと勘違いしてしまうよなぁ。

 さて、軽自動車は2000年の道路交通法改正前までは、高速道路での軽自動車の最高速度は80kmと決められていたが、改正後は普通自動車と同じ100kmになったので、スピード違反で軽自動車と普通自動車を判別する必要がなくなった。

 また、軽自動車の排気量は660cc以下なので走行性能では普通自動車に劣るが、安全性については、1998年10月以降、軽自動車も普通車と同じ安全衝突基準を採用して車体も大きくなったので普通自動車と比べても遜色のない安全性能になった。

 よって、660ccの軽自動車は白ナンバーでもいいのかな。

タイトルとURLをコピーしました