綱縄紐網

 わたしが高1の時、国語の授業で先生に指されて教科書を朗読していると、「網」と言う漢字が現れ、読みはなんだっけなぁと、
「ひも(なんか違う)…つな(いまひとつ)…なわ(これだな)」
 と、頭に思い浮かぶ読みを次々に発し、自分でもよくもまぁ咄嗟に3つも読みがでてきたもんだと感心し、しれっと読み進めると、それを遮るようにして、
「この漢字は “あみ” と読みます」
 と、先生からダメ出しをくらい、教室がどっと爆笑の渦に包まれたのを覚えている。

 最近、歳のせいか綱縄紐網を読み間違えることがあるんだよなぁ。ところでキミの名前はなんだっけ? と、聞きたくなることがあるのだ。

 覚え方としては、「綱」は横綱の「つな」と覚えるのがいいと思うが、この字は「網」と似ているからね。しっかり覚えないと見間違い・読み間違い・書き損じをするだろう。

 現に両国には横綱横丁(墨田区)があるが、墨田区には横網(よこあみ)の地名があり、両国国技館も横網町公園も住所は墨田区横網だ。両国と言えば相撲の町の印象が強いので、横網町公園を「よこづな…」と、読み間違いする人もいることだろう。

 「縄」は沖縄の「なわ」と覚えるのがいいと思うが、「縄」の一字だけだと瞬時に「なわ」が出てこないことがあるんだよなぁ。

 「紐」は亀甲縛りの「ひも」と覚えるしかない。

タイトルとURLをコピーしました