自信、自慢、慢心、傲慢 …

mohamed HassanによるPixabayからの画像

自分が信じて頼れる他人のことを “信頼” ができる人という。

では、自分を信じて頼れるってことは?

それは “自信” だ。

でも、自信は他人には関係ないのに “自慢” する人がいる。

いや、のど自慢や腕自慢もあるから自慢はするなとは言わない。ほとほどがいい。

自慢ばかりしていると “慢心” が生まれる。

慢心が続くと、やがて “傲慢” になる。

わたしは、例え社会的地位が高かろうと傲慢な人には何の魅力も感じない。寧ろ嫌悪を抱く。

でも、傲慢な人の中には「こんなはずではなかった」と気づき嘆いている人もいる。

そんな悩める傲慢な人が辿る先は… “不安” だ。

しかし、不安があれば、何度でもリトライができる。

だって、自信の前は不安だったでしょ。

初心忘るべからずだ。

世阿弥が生み出した「初心忘るべからず」という言葉の真意 | NHKテキストビュー
およそ600年前、能を大成した世阿弥(ぜあみ)は、能楽に関するさまざまな文書を執筆していたことでも知られ、50歳半ばに書いた『花鏡(かきょう)』という伝書には「初心忘るべからず」という言葉を書き残している。おそらく誰もが知っている言葉...
タイトルとURLをコピーしました