DIY:はじめての車の傷消し

自車のルーフパネルには、黒い長髪の中に白髪が見つかるような、長さ40cmほどの傷がひとつ、30cmほどの傷がふたつ、15cmほどの傷がひとつあった。

これらに気がついたのは最近で、なんでこんなところにこんな傷が付くのか不思議でならなかったが、恐らく一昨年自宅車庫の屋根のトタン板の一部が台風で落ちた時に傷付いたのではないかと思った。

ん〜塗装修理に出すべきか、でもなんとなくこの程度の傷だったら自力でなんとかできそうな気もする。YouTubeで検索すると、コンパウンドを使って自分で傷消ししている人結構いますね。よし、これならわたしにもできるとDIY補修することにした。

因みに、傷の深さにより塗装の要不要があり、
▼傷の上に水をつけて
・傷が消える場合は塗装不要
・傷が消えない場合は下地まで傷がついているので塗装が必要
とのことだった。

不幸中の幸い、自車の傷は前者だった。

製品は『汚れ落とし、キズ消し、ツヤ出し』の3つの効果を謳う、手っ取り早く補修できそうなKURE LOOXにしようかと思ったが、
・SOFT99工房コンパウンドトライアルセット192
・SOFT99工房コンパウンド専用スポンジ148(3個)
を、amazonで購入した。

理由は、文末に貼ったリンクの動画では自車よりひどい傷を補修していたからだ。大いに参考になった。

補修前にいつものガソリンスタンドで洗車してから、自宅車庫で作業を開始して小一時間で完了した。簡単なものですね。塗装修理に出していたら3〜5万円は取られたかな。他のちまちましたボディーの傷も取っちゃおっと。

▼参考になった動画
https://youtu.be/2skv6O3XY3Y

※補修前後の写真はエビデンスとして掲載する予定でしたが、補修前の傷が写真ではうまく写らなかったので控えました。

タイトルとURLをコピーしました