【夢現】センターミラー

Image by Kerstin Riemer from Pixabay

わたしはタクシーに乗っていた。

運転手の真後ろの後部に座っていた。

センターミラーには運転手の顔が映っている。

ぎょろっとした大きな目をした女性ドライバーだ。

いつの間にか助手席には女性客が、わたしの左隣には男性客がひとり座っていた。

わたしはふたりとも知らない。

それに、何故、わたしがタクシーに乗っているのか、目的地はどこなのかも分からないのだ。

急に運転手が車を止めた。

発進する気配はない。

助手席の女性客が、「ここで止めてくださいって言ってませんよ」と、取り乱すようにして運転手に言うと、運転手は無言でエンジンを切った。

急に車内が暗くなり、車内灯が薄暗く点いた。

センターミラーを見ると、運転手が無表情でじっとわたしを見ていた。

わたしは少々不安になったところで目が覚めた。

タイトルとURLをコピーしました