独壇場は誤用だけど使っても間違いではない

Image by Kerstin Riemer from Pixabay

ひとつ前の投稿で、“先見の明” の語字について触れたが、SNSのコメントで、

(前略)独擅場を「どくだんじょう」と言う人に訂正したい気持ちがありつつも(後略)

と、いただいた。“どくだんじょう” でいいんじゃないの? と思ったのだが、よ〜く見ると “だん” の漢字が土偏ではなく手偏になっている。

つまり、正しくは独擅場(どくせんじょう)で、独壇場(どくだんじょう)は誤用だったのだ。「擅」と「壇」は字形が似ていて、かつ「演壇」「教壇」「仏壇」「土壇場」などと混同して、独壇場(どくだんじょう)という用語が定着・慣用化したそうだ。NHKも、独擅場(どくせんじょう)は使わずに独壇場(どくだんじょう)を使っている。

「小洒落た」も「こ戯れる(こじゃれる)」の誤用だが、「ちょっと洒落たお店」を表現するときに「小洒落たお店」と表現され、「小洒落た」は定着した。

言葉って「嘘を百遍言えば真実になる」のように、誤用であっても定着・慣用化されると、さわさわっと変化していくものなんですね。

「独壇場」「独擅場」? | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所
Q:「彼の独壇場(独り舞台)だった」などと言う場合の「独壇場(どくだんじょう)」は、「独擅場(どくせんじょう)」という言い方が正しいということを、最近聞きました。ほんとうでしょうか。A:そのような場合の読みと表記は、確かに本来は、「独擅場(どくせんじょう)」ですが、「擅<せん>」が「壇<だん>」と誤読されて、「どくだん...
【ランキング】「間違った意味で使われる言葉」「言い間違いされる言葉」 第1位は? | 朝礼ネタ・スピーチネタのコンビニ
【朝礼ネタ】「間違った意味で使われる言葉」「言い間違いされる言葉」ランキング ~小学館『大辞泉』調べ~今回の朝礼ネタは、...

タイトルとURLをコピーしました