雲龍型と不知火型

 せり上がりの型が違うだけでなく、注連縄(しめなわ)の形も雲龍型(うんりゅうがた)は一輪、不知火型(しらぬいがた)は二輪と異なり、一輪多い不知火型の綱の方が雲龍型の綱より重くなる。因みに、稀勢の里は雲龍型になるようだ。

タイトルとURLをコピーしました