タクシーメーターの高速ボタン

 タクシーをよく利用する人はご存知だと思うが、タクシーメーターには【高速】というボタンがある。タクシー料金は走行距離運賃の他に10km以下で走行または停車しているとき、一定の時間を過ぎるとワンメーターずつ加算されていく時間制運賃が併用されている。日中に同じ経路、同じ距離を乗車しても、渋滞や信号待ちの数によって料金が違う経験をされた人もいると思うが、時間制運賃が加算されているからだ。

 しかし、高速ボタンを押すと賃走から高速へ切り替えられ、走行距離運賃だけが加算されて時間制運賃は加算されない。高速道路では必ず賃走から高速へ切り替えることが決まりになっているのである。(高速料金はお客が支払う)

 もし、高速道路の料金所入口を過ぎてから、運転手が高速ボタンを押さなかったら、押し忘れを指摘して、賃走から高速へ切り替えることを促すといいだろう。

 そして、料金所出口を過ぎてから、運転手が高速ボタンを押して高速から賃走へ切り替えるのを忘れていたら、何も言わずそのままにしておくのがいいだろう。

 因みに、タクシーメーターに高速ボタンがない場合は支払いボタンが代用している。

タイトルとURLをコピーしました