We’re All Alone(ウィ・アー・オール・アローン)

 バブルが崩壊してトレンディドラマも風前の灯火になった1993年に、緒形直人・小泉今日子主演のテレビドラマ「愛するということ」が放送された(主題歌:小泉今日子「優しい雨」)。地味〜なラブストーリードラマだったが、BGMで「We’re all alone」のサックス演奏が流れていたのを覚えている。

 「歌は世につれ、世は歌につれ」というが、世情に関係なく歌い継がれる曲が名曲あり、「We’re All Alone」もそのひとつだと思っている。

「We’re All Alone」は、1976年にボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)のスタジオ・アルバム『シルク・ディグリーズ』の収録曲と、シングルレコード「リド・シャッフル(Lido Shuffle)」のB面曲としてリリースされ、多くのアーティストによってカバーされたが、小ヒット曲だった。翌1977年にリタ・クーリッジ(RITA COOLIDGE)のカバーのヒットによって再評価されることとなり、現在では代表曲のひとつに数えられている。
参考:Wikipedia「ウィ・アー・オール・アローン

タイトルとURLをコピーしました