宛先住所は正確に

Image by Kerstin Riemer from Pixabay

ようやく年賀状を作成し妻分を先に印刷し終わったら、わたしの分が97枚足りなーい。どういうことだ? 2〜3枚足りないならまだしも97枚とは…。ちゃんと我が家分の枚数を計算して年賀状を注文したはずなのに。妻の見積もりが大甘だったってことにしとこう。

さて、宛先住所は正確に書いたほうがいいだろう。例えば、
『東京都千代田区神田明神下1−2−3 銭形平次マンション506』
という住所があった場合、建物名を省いて、
『東京都千代田区神田明神下1−2−3−506』
でも届くことが一応にあるが、これは銭形平次マンションの周りが戸建てばかりだったら通用することで、お静ビルや八五郎アパートや三ノ輪の万七マンションなどが周辺に建設されたら、宛先不明で年賀状が戻ってくることがある。

わたしも過去に建物名を省いても先方へ届いていた年賀状が、ある年突然宛先不明で戻ってきて、先方に引っ越したのか確認したら、引っ越ししていないと言い、宛先不明で戻ってきたことを話すと、最近近くにマンションができたせいかなぁと言って、マンション名を教えて貰ったことがある。以降問題なく届いている。宛先住所は建物名まで書いたほうがよろしいでしょう。

さて、年賀状買いに行くか。

タイトルとURLをコピーしました