一陽来復を願う新年

Image by Kerstin Riemer from Pixabay

 めでたいはずなのに新型コロナウイルス(以下、COVID-19)の猛威は衰えることがなく、8日には緊急事態宣言が東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県に発令されるようで、踏んだり蹴ったりの新年になった。

 海外では昨年12月に米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンの接種が開始され、国内でのワクチン接種はファイザーのワクチン接種が早くて2月、また武田薬品がモデルナのワクチンを今月治験開始予定だが、ワクチン接種は2月以降未定だそうだ。但し、これらのワクチンは発症・重症を防ぐもので感染自体を防ぐのは未知数とのことで、非感染者のワクチン接種後の副反応も気がかりだ。

 なお、国内でも多くの企業や研究機関でもワクチンを開発中で、アンジェス、塩野義製薬が治験中だ。

 アメリカの予想ではCOVID-19の集団免疫ができるのは、6月以降ではないかと言われている。よって、年内のCOVID-19の終息は厳しいのでしょうか。

 引き続き、感染予防として戸外ではマスクを着用し、手洗い・うがいをこまめに行い、One for all, All for one の精神で3密を厳守しよう。

新型コロナワクチンについて
新型コロナウイルス感染症のワクチンについて紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました